CB400SBとの歩み。

アクセスカウンタ

zoom RSS 将来何するの?と聞かれたら…

<<   作成日時 : 2008/05/29 03:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  昼間は薄着で調度良いけど、夜はまだ肌寒いですね。

昨日、学校の庭?と言うか公園みたいな場所へふらっと行ったら就活真っ最中の先輩に久しぶりに会いました。調子はどうなのかって事と今後の参考にお話を聞かせてもらいました。いつもバイクの話しとかくだらない話しばかりしてる人なんですが、昨日はかなり真面目なお話しをしてました。


僕はもう3年。いい加減将来のことを考えていないといけない時期なのでしょうが、まだどんな職種に就きたいのすら決まっていません…周りじゃ大体決まってる人もいたりして、「すごいな…」とか焦ったりすることがあります。知らなきゃ決まりようが無いですけど、調べても無い。大体どんな事をしたいかぐらいは決めなきゃだろうし…

そんな現実から逃げてる感じが甘いのか?とか思ったり。とにかくこれまでの体験談を聞いてました。この辺は人それぞれですが、何社も落ちたみたいです。この辺は良く聞く話ですよね?思い出せば、バイト先の先輩もかなりの数落ちてて、焦ってたのは良く覚えてます。それからみんな「やっぱ面接だろ」とか、「エントリーシートだろ」とか、結局どれも大変重要なわけで。


昨日一緒にいた先輩は、エンジニアを目指してて。第一志望の面接で、「専攻してる科目と全く関係してないけど何でここ受けたの?」に始まり、「理解できない」とかなり辛口なのか当然の事なのかって言う面接してきたって聞きました。後が無くなってくればこう言う事も十分考えられるし、実際バイト先の先輩もそうなっていました。そうなる前に何とかしろって思う人もいれば、そうじゃない考えの人もいるだろうし、そんな事を言い出したらきりが無いし。


それでもこの話は最終面接の事。そんな話をする前にどうにかする事も出来たはず。書類審査とかその前の面接で「この人と話してみたい」って思うものがあったのでしょうか?面接はそれでもとにかく怯まずにこなしたそうです。傍目で見れば、がむしゃらにも見えるのですが…

で、この話をしている真っ最中。なんとこの会社から電話が来て内定をもらっていました。ずっと「あの会社は厳しかった…」「やっぱ大手は違うな…」って落ちたような話をしていたのに…
面接での熱意が伝ったのでしょうか?結論はそうなのでしょう。でも、一生懸命やって落ちて。手を抜いた訳でもなく、ただ感触はイマイチって所に採用され。就職とはこうやって決まることもあるのでしょうか?

そこまで聞いてた話が翻された感じで、僕的には「どうなってるんだ!?」と思ったり。これは参考になるのだろうか?と思いながらもずっと聞いてました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
将来何するの?と聞かれたら… CB400SBとの歩み。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる